あなたは女性ホルモン足りている?〜2人に1人が作れないエクオールの話〜

からだ

あなたは女性ホルモン足りていますか?
大豆イソフラボンが腸内細菌によって作られる「エクオール」。このエクオールは女性ホルモン(エストロゲン)の働きを助ける物質です。「女性は健康のために大豆や豆乳を摂取しましょう」と1度は聞いたことがあるかと思います。
しかし、一生懸命摂取したとしても、実は2人に1人は意味がないんです・・・。ガーン。。。

女性ホルモンとは?

女性ホルモンには「エストロゲン〈卵胞ホルモン〉」と「プロゲステロン〈黄体ホルモン〉」の2種類があります。今回は、エストロゲンについてご紹介します。

エストロゲンとは?

エストロゲンは、卵巣内の卵胞を成熟させて卵子を育て、排卵に備える働きがよく知られています。他にも、女性らしいカラダを保つために機能しています。排卵前に肌がつやつやしたり、気分も明るくなるものこのエストロゲンのおかげです。

月経周期の中で、エストロゲンの分泌は変化しますが、ライフステージによっても変化しており一般的に45歳〜55歳の更年期に差し掛かる頃に分泌が減少します。更年期の症状にも、このエストロゲンが大きく関わっています。

エクオールとは?

エクオールは大豆から私たちのからだの中で生産される物質で、女性ホルモン(エストロゲン)に構造が近く、体内で女性ホルモンに似た働きをしてくれることが最新の研究でわかってきています。

体内に大豆イソフラボンが入ってくると、腸内細菌(以下、エクオール産生菌)によって変換されエクオールになります。つまりエクオールを生産するには、以下の2つが必要ということです。

①大豆イソフラボンを摂取する
②エクオールを生産するエクオール産生菌がからだに存在する

あなたは、大豆イソフラボン摂取できてますか?

エクオールは1日10mgが必要とされていますが、そのために必要な大豆イソフラボンは50mgです。納豆1パック、豆乳200ml、木綿豆腐なら半丁程度とそこまで難しい量ではありません。ただし、エクオールは24時間以内に82%が体の外に排出されてしまい、体内に蓄積しておくことが出来ないので、毎日定期的に摂取しておく必要があります。
毎日大豆製品をとるように心がけましょう。


現代の日本人は、食の欧米化により1日の平均摂取量は18mgと目標の50mgから半分以下となっています。普段取れていないなという方は、普段の食事から改善してみましょう。

エクオール産生菌は腸内にいますか?

そして2つ目に重要なのが、エクオール産生菌がきちんとあなたの腸内細菌にいるかどうかということ。残念ながら、エクオール産生菌は日本人のおよそ2人に1人しかいないんだそう。
せっかく十分な大豆イソフラボンを摂取していたとしても、作ることが出来なければ意味がありません・・・

手軽に自宅でエクオール検査ができる

自分にエクオール産生菌がいるか気になりますよね?
このエクオール産生菌を保持しているかどうかを簡単に検査できる方法があります。それがソイチェックです。尿を撮って尿検査を郵送で送るだけ、メール返信で結果を見ることが出来ます。

このソイチェックを行うことで、エクオールが作れる体質なのか、そうでないのかがわかるだけでも心がスッキリしますよ。腸内細菌は食事や生活環境の影響を受け変化しますので、1年に1回はチェックをすることをおすすめしています。

 

残念ながら、大豆イソフラボンが体内で作れない人は・・

エクオールは肌の不調改善、骨密度の低下を抑えるだけでなく、メタボ改善にも働くことが報告されています。正しく知って、付き合っていくと味方になってくれる成分です。
エクオール産生菌が少ないとわかった方、大豆イソフラボンを含む食品が苦手な方は、エクオールが直接摂取できるサプリメントなどで補うようにしましょう。

 

いかがでしたか?エストロゲンは、更年期や女性のからだやホルモンバランスの変化に関わっています。まずは大豆食品の摂取と食生活の改善そして、エクオール産生菌が少ない方は外側から補うことで体調が改善するかもしれません、是非検査してみてください。
招待制よもぎ蒸しサロンオリーブケアヒナ吉祥寺

招待制よもぎ蒸しサロンオリーブケアヒナ吉祥寺では、今回ご紹介したソイチェックも受けることが出来ます。ご予約時にオプションでご予約ください。

    ソイチェック 5000円
<含まれるもの>
・エクオール検査(採尿キット、手順書、返送用封筒)
・薬剤師無料カウンセリング45分(結果到着後)

コメント

タイトルとURLをコピーしました